千葉県の格安ドラム教室

ドラムの楽譜を見ながら叩けなくてもいいですよ

奥の深いドラム
川島広明ドラム教室トップ > ドラムとは > 楽譜の読み方

楽譜の読み方について

ピアノやギターと違ってドラムには音階が存在しませんが、五線譜上で高いパートは上の方に書き、低いパートは下の方に書きます。ドラムを演奏するにあたって楽譜を見ながら演奏できるようになる必要はありませんが、練習するにあたっては読めるようになっておいた方が効率的に練習が進んでいきます。当ドラム教室のレッスンではプリントを配布しますので、このページで少しでも触れていくと抵抗なくレッスンを受けやすくなります。

これだけは覚えておこう

①五線譜

楽譜を書くときに使われる5本の線です。
五線譜

②1小節(4分の4拍子)

よくドラマーが曲を始めるとき「ワン・ツー・スリー・フォー」と掛け声をかけるアレです。楽譜の先頭に「4」が二つ、上下に表記されているのが分かると思います。
4分の4拍子

③4分音符

1小節を4分割したうちの1つを指します。
4分音符

④8分音符

1小節を8分割したうちの1つを指します。
8分音符

⑤16分音符

1小節を16分割したうちの1つを指します。
16分音符

⑥3連符

1小節を12分割したうちの1つを指します。
3連符

シンバルの表記について

ドラム類以外(シンバルなど)の表記は「記号」で表されます。ここでは下記の3種類のシンバルの4分音符を4つずつ載せています。

①クラッシュシンバル

五線譜の一番上の線よりも更に一段上に「バツ」で表されます。
クラッシュシンバル

②ライドシンバル

五線譜の一番上の線の上に「バツ」で表されます。
ライドシンバル

③ハイハットシンバル

クラッシュシンバルとライドシンバルの間に「バツ」で表されます。
ハイハットシンバル

ドラムの表記について

ドラム類の表記は「黒丸」で表されます。ここでは下記の5種類のドラムの4分音符を4つずつ載せています。

①スネア

五線譜の上から2つ目の空白に「黒丸」で表されます。
スネア

②ハイタム

五線譜の上から1つ目の空白に「黒丸」で表されます。
ハイタム

③ロータム

スネアとハイタムの間に「黒丸」で表されます。
ロータム

④フロアタム

五線譜の下から2つ目の空白に「黒丸」で表されます。
フロアタム

⑤バスドラム

五線譜の下から1つ目の空白に「黒丸」で表されます。
バスドラム


(注)いろいろな名称の音符がありますが、頭で暗記する必要はありません。実際に叩いてみて音と一緒に覚えてしまうことが近道です。




実際にドラムセットが用いられる音楽ジャンルはどのような種類があるのでしょうか。興味のある方はドラムセットが用いられているジャンルについてをお読みください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional