千葉県の格安ドラム教室

効率よくドラムがうまくなるための練習計画の立て方

スケジュールの立て方

ドラムの上達には練習するということは欠かせません。そこで生活の中にどのようにして練習時間を組み込んでいくかということが大事になります。当サイトのレッスンメニューは1回の練習時間が30分を目安に取り組んでみてください。そこで大切なのは練習を習慣化させることです。習慣化とは一定の期間毎に練習に取り組むことです。練習を習慣化させると練習をすることが面倒ではなくなります。ここでは練習の予定を立てる際にしてはいけないことと練習を習慣化させる方法を説明していきます。

練習予定を立てる際にしてはいけない3つのこと

①時間がある時に思いつきで練習をすること

普段の生活の中で時間のある時に練習をしようと計画を立てると、ドラムの上達はかなり遅いものとなっていきます。練習を後回しにしてはいけません。今日は時間があるので練習をしようという考え方は長続きせずいずれやめていってしまいます。理由は練習が習慣化せず、面倒となってくるからです。ドラムの上達には練習の習慣化が第一です。

②練習してから次の練習日まで1週間以上空けること

練習してから次の練習日まで1週間以上も空けることはオススメしません。1週間以上も前のことは忘れやすいため、復習するのにかなりの時間を必要とします。復習は大事ですが、1週間以内に行ってください。復習は最も効果的にドラムを上達させる過程となります。ドラムの練習とは体に動きを覚え込ませることですので、反復運動が必要です。ですので何度も何度も繰り返し練習して体に覚え込ませてください。人間の能力を成長させるにはインプット(勉強)をして、頭で考え、アウトプット(実践)するという方法以外にありません。楽譜を学び、頭でリズムをイメージして、実際にドラムを叩くという作業がドラムの上達につながります。

③初心者の方は練習を1時間以上しないこと

ドラムを始めたばかりの初心者の方はドラムに対する興味ややる気がたくさんあると思いますが、長時間の練習はオススメしていません。ある程度ドラムを叩けるようになることや、憧れのプロのドラマーのように叩けるようになるには長い時間が必要となります。目的を達成するには長い道のりです。ですので最初から全力疾走すると練習が嫌いになりやすいので気をつけてください。ペース配分を考えて少しずつ練習をこなしていってください。少しずつ上達していくことが最大の近道です。

練習をコツコツと長続きさせる最も大事なことは気持ちです

人間には誰しもがもっている気持ちというものがあります。練習を継続していくにはこの気持ちがとても大事になります。人間は気持ちがマイナスの方向に働いた時、全く行動しなくなります。ドラムの練習に置き換えるとなかなか練習で上手く出来ない・ドラムが楽しくない・練習がつらいと感じてしまうときです。こんな気持ちになったときは一度、練習をやめてドラムから離れてみてください。離れることは悪いことではありません。ドラムから離れて好きな音楽を聴いたり、プロのミュージシャンのライブやコンサートを見に行ったりしてみてください。そうすることでまだ自分の中に少しでもドラムが好きという気持ちが残っているならば、また練習を再開したくなると思います。しかしドラムの練習が面倒となってきた気持ちを抱えた状態では、ライブやコンサートにいくことも面倒に思うかもしれません。どうせライブに行ったって今までと変わらないと思ってしまいがちですが、今までと変わらないかどうかは行くまでわからないというのが事実です。頭の中でのみ考えて、実際に経験することを放棄しないでください。可能性を自ら切り捨ててしまうことになります。ドラムだけに限ったことはないですが、1つのことを継続していくには常に自分の気持ちを把握し続けてください。どんな嫌なことがあっても、面倒だと思うことがあっても、1つのことを継続していくための単純な理由はドラムを好きという気持ち以外にはありません。

練習を習慣化させる方法

練習を習慣化させるには個人差はありますが、2週間から1ヶ月くらいかかります。まず1週間の練習予定を立てます。初心者の方は最初は1週間で30分間の練習を2回くらいでよいと思います。例えば月曜日の夜に30分、そして木曜日の夜に30分と決めます。この1週間の練習予定を必ず実行してください。この1週間の練習予定を1ヶ月ほど続けます。1ヶ月経過すると頭の中に月曜と木曜の夜はドラムを練習するということがインプットされます。この頭の中にインプットされたということが大変重要です。例えば、月曜の夜に時間が空いたので30分間練習することと、前もって予定を立てて月曜の夜に30分間練習することでは練習に対する気持ちがまったく違います。事前に予定を立てているということは、その練習日までに練習内容を決めたり探したりする時間が増えます。練習日以外にも自然とドラムのことを考えるようになってきますし、音楽を聴いても無意識にドラムの音を聴くようにもなってきます。つまり日常生活の一部にドラムが入り込みます。このような状態になると練習日をさらに増やしたくなってきます。1日増やし、さらに習慣化されていくともう1日増やしというようにどんどんドラムが生活の一部に入り込みます。こうすることでドラムへの興味が自分の中でとても濃いものとなり、練習意欲がどんどん湧いてきて、練習が軌道に乗ってきます。練習を習慣化してしまえば上達への近道となります。それでは次の必要なものに進んでください。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional